FP技能検定 3級の受検資格

さて、FP技能検定の受検資格だが、これは受ける級によって異なっている。

まず3級から説明しよう。
3級の受験資格は、「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」である。

「従事しようとしている者」であるから、現在はFP業務とは全く違う仕事をしていても、あるいは無職であっても、「これからFP業務をしようと思っているんだよね」という人だったら、全然OKである。

つまり、3級は、誰でも受験できる。学科試験も実技試験も、実質的に受検資格はない。

○FP技能検定 2級の受検資格

しかし、2級以上は、誰でも受検できるわけではなく、一定の受検資格が必要になる。

1 3級FP技能検定に合格している人
2 FP業務に関し、2年以上の実務経験を有する人
3 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した人
4 厚生労働省認定金融渉外技能審査の3級を合格している人

上記の1~4のいずれか一つに該当していれば、その人は2級を受検することができる。学科試験も実技試験もOKである。

さて、「厚生労働省認定金融渉外技能審査」って、何のことだ?・・・と思った人は多いと思うからちょっと説明すると、これは一昔前にあった職業能力検定の一つで、早い話がFP技能検定の前身みたいなものだ。現在はもう試験は行われていないが、資格自体は有効という扱いになっている。

○FP技能検定 1級の受検資格

最後に1級の受検資格だが、1級の場合は、学科試験と実技試験で、受検資格が異なっている。

(1級学科試験の受験資格)

1 2級FP技能検定合格者で、1年以上のFP業務実務経験がある人
2 5年以上のFP業務実務経験がある人
3 2級金融渉外技能審査合格者で、1年以上のFP業務実務経験がある人

上記1~3のどれか一つを満たしていれば、受検できる。ちなみに、大抵の人は、「2級FP合格者かつ1年以上の実務経験」の資格で受検してくると思う。

(1級実技試験の受験資格)

1 1級学科試験を合格している人
2 「FP養成コース」を修了している人で、かつ1年以上のFP業務実務経験がある人
3 日本FP協会のCFP認定者
4 日本FP協会のCFP資格審査試験合格者

こちらも、1~4のどれか一つに該当していればOKだ。

○「実務経験」って?

「ところで、実務経験って、どういう実務?」と思った人、多いだろう。

FP試験機関の一つである金融財政事情研究会のサイトによると、「資産の設計・運用・管理およびこれらに関わる相談、コンサルティング業務」ということだが、この文言を読んでも、余計わからなくなる人が多いと思う。

この「FP業務実務経験」は、かなり広い意味で解釈されていて、銀行、生損保、証券会社等の会社員や会計事務所の職員、一般企業の財務担当や経理担当など、該当する業務は結構多いようだ。

だから、「自分は実務経験がないから受検できない・・・」とあきらめずに、これまでやってきた業務が該当しないかどうか、もう一度調べてみるとよいと思う。

>>FP試験の合格率を2倍に高める方法とは?