FP試験は2通り

ところで、先程もお話ししたように、FP試験は、試験体系が複雑である。
試験機関が2つ併存しているからだ。

それは、先程も書いたが、この2つである。

・金融財政事情研究会
・日本FP協会

金融財政事情研究会は、金融関係の検定試験機関として知られ、以前からFP技能検定を主催してきた。

一方、日本FP協会は、AFPやCFPの試験機関として著名であり、現在は、FP技能検定(3級と2級)の主催もしている。

だから、日本のFP試験の試験機関は、2通りになっている。
・AFP、CFPは、日本FP協会が主催
・FP技能検定は、金融財政事情研究会と日本FP協会が主催

○2級FP技能検定とAFP資格審査試験

試験としての難易度的に言えば、2級FP技能検定とAFPが同じくらいで、1級FP技能検定とCFPが同じくらい。

さて、「2級FP技能検定とAFPは、難易度が同じくらいだ」というのは、私が勝手に適当に言っているという訳ではなく、れっきとした根拠がある話だ。

というのは、先程もちらっと触れたことだが、この2つの試験は共通のものだからだ。

2級FP技能検定は、AFP資格審査試験を兼ねているのである。

「なんで国家試験と民間試験で、問題が共通なんだよ?」と疑問に思う人も多いかもしれないが、FPの試験はそういうことになっている。

○日本のFP資格も2通り

そういうわけで、日本にはFPも2通りである。

・AFP、CFP
・FP技能士(1級、2級、3級)

ちなみに、AFPは2級FP技能士だが、2級FP技能士はAFPとは限らない。

とはいえ、FP2級とAFPは、「どちらが権威が上」ということはない。

「国家試験の方が、格が上なんじゃないの?」と考える人もいるかもしれないが、AFP・CFPに関しては、民間試験であっても、歴史も権威もある資格である。むしろ、FP技能検定よりも、AFP・CFPの方が知名度が高いかもしれない。

だから、「FP試験を受けようと思っているんだけど、どちらを受けてよいのかわからない。」という人は、それほど深く考えなくてもよいと思う。

ちなみに「少しでも安く資格を取りたい!」という場合は、FP技能検定の方が安いことは安い。AFPの方は、AFP認定研修を受講しなければならないからだ。

>>FP試験の合格率を2倍に高める方法とは?