FP試験の勉強は、テキストと過去問の往復がポイント

FPの勉強は、テキストと問題集を往復するタイミングがよくないと、はかどらないことがある。

FPの勉強は、テキストに偏りすぎてはいけないし、だからと言ってテキストをよく読まずに終わるのもいただけない。問題集にしても、勉強時間の中からちょうどいい配分で取り組む時間を割かないといけない。バランスが問題というわけだが、最初のうちに両方を往復するタイミングをうまく見つけることが肝心だろうと、最近になって痛感している。

テキストを読み切れていないと、うまくいかなくなる理由はわざわざ説明するまでもないだろう。テキストを読まないと、試験に出る内容をマスターできない。特殊な業界用語でいうところの「インプット」という過程がまさにそこなのだ。

しかし問題集は? インプットしたはずの知識や論理を、「本当に、ちゃんとインプットできているのか」その点を確かめる意味で重要だ。それから、問題の形式に合わせてちゃんと解答できるようにならないといけない。それを「アウトプット」と呼ぶ(これも専門用語からの引用)。あとは、問題集を数回分・数年分もやっていると、どんなタイプの問題がよく出て、どんなタイプの問題が出ないものなのかがだんだんとわかってくるという効果もプラスされる。

テキストと問題集は、最初の頃から、ちょうどいいローテーションで回していかないといけない。「テキストを全部読み終わるまで、問題集はやらない」なんてことを思いつくのは間違いに近い。その逆もまた然りだ。テキストも問題集も、試験日までに何周かしておきたいものだが、1周終わるまで待っていては時間がかかりすぎてしまう。

慣れないうちは「テキストの○○の部分を読んで、その次に××年の問題をやる」「問題集の●●の部分をやったから、テキストからその●●の部分を探して確認しよう」といった考え方に沿って勉強するようにすることを、いちおうおすすめしておきたいですね。

>>FP試験の合格率を2倍に高める方法とは?