FP技能検定の学科試験

FP技能検定は、学科試験と実技試験で構成されている。
ここでは、3級の学科試験についてお話ししよう。

○3級の学科試験

FP技能検定3級の学科試験は、60問。○×式と3択式である。
ライフプランニング、タックスプランニング、金融資産運用、不動産、相続・・・etc.の一連の試験科目についての、基本的な知識が問われる試験だ。

問題はひっかけもなくストレートで、高得点で合格する人も多い。2級の受検資格を得るために3級を受検する人も多いと思う。

○3級学科試験の注意点

まず第一に、「決して、ナメないこと」。

確かに3級試験は、2級より簡単である。簡単ゆえ、テキストをさっと読むだけで受検する人もいると思う。

しかし。簡単とはいえ、決してナメてはならない。

かく言うワタシも、昔、3級を受検したときは「3級なんてカンタンカンタン」と3級をナメきり、3級受検用のテキストすら買う気が起きなかった。

そして、いきなり2級用のテキストを買い、のんびり勉強していたのがたたって、試験直前に全然時間が足りなくなり、全科目の勉強ができず、不動産や相続・事業承継あたりはぶっつけ同然で試験に臨まざるをえなくなり、冷や汗をかいたことがある。

そんなワタシが言うのも何だが、「3級の勉強は、決して無駄にはならない。」

FP技能検定というのは、3級も2級も1級も、試験科目は同じなのだ。
ただ級が進むごとに、その難易度が高くなっていくだけだ。

つまり、3級が全ての基礎になるのである。そして、基礎は頑丈に作らねばならない。

だから、「3級はただの通り道」という人も多いかもしれないが、2級、1級に進む基礎を作るのだと、ココロして勉強してほしい。

○全体のレベルを上げる勉強をする

FP技能検定は、たくさんの科目がある。個人個人の好みで、「金融資産運用は大得意だけど、相続・事業承継は大の苦手」という人もいるだろう。

しかし、そういう人でも、「得意科目だけ」「苦手科目だけ」ばかり勉強するのは、遠回りである。

FP技能検定は、科目毎の合格というものはない。ライフプランニングもタックスプランニングも金融資産運用も相続・事業承継も、全部の点数を足し合わせて、合格基準点と比較して合否が決まる。

だから、「ライフプランニングをカンペキにしてから、タックスプランニングに進もう」という勉強法は、効率が悪いのである。

この試験を攻略するには、そうした1科目毎に完成させていくやり方ではなく、全科目をまんべんなく繰り返し、全科目のレベルを均等に上げていくやり方の方が、効率がよい。

>>FP試験の合格率を2倍に高める方法とは?