FP技能検定は独学でも合格可能

FPの資格というのは、なかなか複雑な体系になっている。

日本で「ファイナンシャルプランナーの試験」といえば、
・国家試験であるFP技能検定(1級、2級、3級)と、
・民間試験であるAFP、CFPの2種類がある。

だから、「FP資格を取るぞ!」という人は、
・国家資格のFP技能検定を、3級→2級→1級とステップアップしていくか、
・民間資格のAFPを取って、CFPにステップアップしていくか、

どちらかの選択になると思う。

さて、この2種類の試験が、完全に別個の、全く相互に関係のない試験だったら、FP試験の体系は、全然複雑ではない。

しかし、この2種類の試験は、受験資格や試験自体が、相互に関係し合っているから、説明が大変なのである。

面倒な説明は後回しにするとして、ここで理解してほしいことは、??
「2級FP技能検定の学科試験」が、民間試験であるAFPの学科試験を兼ねている
・・・ということだ。

つまり、FPの国家資格を取ろうとしている人も、民間資格を取ろうとしている人も、みんな「2級FP技能検定の学科試験」は、避けて通れない関門なのである。

でも、この2級FP技能検定の学科試験は、やる気さえあれば、独学でも大丈夫!
それほど無茶苦茶大変な試験ではない。
とはいえ、無茶苦茶簡単な試験でもないので、できるだけ無駄なく、効率よく学習を進めたいものだ。

○AFPは独学だけでは無理

一方、AFPの方は、完全な独学では取得できない。
試験が難しいという理由ではなく、試験システム的に、独学では無理なのである。

このAFPという資格を取るには、「AFP認定研修」という研修を受講する必要がある。この研修の受講修了が、AFP認定試験の受験資格となっているからだ。

ついでに言うと、このAFP認定試験の学科試験というのは、2級FP技能検定の学科試験と同じものである。(ややこしいでしょ。)

さて、このAFP認定研修は、独学ではダメだ。
・資格専門学校に通学して受講するか、
・通信講座で受講するか

の選択になる。

でも、受講できる教育機関は、全国にあり、通信講座も数多くそろっているため、誰でも受講しやすい環境になっていると思う。

また、AFP認定研修は、内容も充実しているから、AFP認定試験(つまり、2級FP技能検定)を受験する際、「完全な独学では心配・・・」という人にはオススメである。

>>FP試験の合格率を2倍に高める方法とは?